中途・キャリア採用サイト

先輩クリエイター紹介

Studio 51
プログラマー
HSU MUHSEN

入社したきっかけと仕事内容は?

前職はゲーム会社でパズルゲームを制作していました。その時にツムツムを凄く研究していました。その時からどういう環境でこんな面白いゲームが作れるのか?PlayArtに憧れに近い感覚もありましたので入社動機はツムツムを作っている会社で働きたい。ということになります。仕事は#コンパスで主に新規のヒーロー実装を担当しています。

チームの雰囲気は?

面白さとゲームバランスをとても重視しています。以前の会社では人員不足など現実的な理由で面白さを犠牲にすることが多かった。今は面白さを犠牲にするという発想がない。面白いゲームを作ろう!という雰囲気が全体にあります。
またバグですが、本当は出したくはないけど絶対にバグは出ます。大事な点はバグが出ても失敗を責めず、チームとしてどう対応していこうか、今後はどう避けていこうか、という前向きな雰囲気です。バグが出てもそれは、私もチームもスキルと経験値が上がること。プログラマーとしては成長しやすい環境ではないでしょうか。

仕事での成功体験や嬉しかったこと

残業もあって結構疲れて帰宅する途中の電車の中の話しですが、目の前の人が、自分の作ったゲームで遊んでいたんですよね。「あぁ嬉しいなぁ、次の日も頑張ろう」って思いました。今は#コンパスのヒーロー実装担当なので、リリース後にTwitterなどでユーザーから沢山の反応があります。その沢山の反応を見ることで非常にやりがいを感じています。

今後の目標

今は#コンパスに集中して、このゲームをもっと面白いゲームにしていきたい。でも完全に新規のゲームプロジェクトを立ち上げることにもチャレンジしていきたい。最終的には、エンジニアとしてではなくディレクターとして自分のゲームを作っていきたい、そんな目標も持っています。

プライベート・休日の過ごし方

2022年の1月に子供が生まれましたので、最近は休日に子供を連れて、子供が疲れない範囲で遊びに行ったりしています。

応募者にひとこと

PlayArtは面白さを重視して、それを実現するためのプロセスやカルチャーを持っている。だから本当に面白いアイデアを考えてそれを実現したい。そんな志を持っている人にはおすすめの環境です。是非一緒に働きましょう。

OTHER CREATORS

先輩クリエイター紹介